ミニチュアダックス7歳(♀) 2輪車

先日、「坂上どうぶつ王国」でも犬の車椅子が特集され歩けるようになったワンちゃんが出演者や多くの視聴者の方の感動をよんでいましたね!
あのワンちゃんと同じように車椅子で再び歩けるようになったワンちゃんと飼い主さんのご紹介です!

愛媛県からお越し下さったミニチュアダックスの華ちゃん🐶

約3年前に脊髄軟化症を患ってしまった華ちゃん。
手術を行うも下半身不随になり歩けなくなってしまいました。脊髄軟化症は、原因不明の難病。
有効な治療法はまだ無く、下半身から上半身に麻痺が進行し華ちゃんのように「余命10日」と診断を受けてしまうほど亡くなるのがほとんどの病気だそうです。
しかし奇跡的に進行がストップした華ちゃん🐶✨

下半身麻痺にはなりましたがせっかく助かった命!飼い主さんはたくさん悩まれながらも、もう一度歩ける様になるかもと一途の望みをかけわざわざ四国から海を渡りお越しくださいました(^-^)

 

現在は治療も必要なくなり元気をとりも戻しましたが、起立困難・歩行不能で下半身を引きずりながらの生活が長かったため腹部~おしり辺りまでが炎症をおこしただれた状態が続いたそうです。

そこで安全に歩けるよう飼い主さんがサポーターや腰を吊り上げるものを手作りし懸命にお世話していたそうです。

慎重な性格のため初めは警戒心もあった華ちゃんですが初試乗の時も車椅子のバランスを調整すると上手に歩みを初めてくれました🐶✨

出来上がった車椅子を発送でお届けしテレビ電話やラインでやり取りを重ねバランスの調整を行なって頂くとスイスイと上手に乗車してくれました!動画から飼い主さんの喜びが伝わってきます(^-^)

最初は「うちの子も歩ける様になるかな・・・」と不安と希望でいっぱいだった飼い主さんですが、「散歩がほんとに楽しそうで本当に毎日幸せです。最近では、ご近所にも車椅子犬がいて立ち話などもしています(^-^)今では、車椅子カラカラという音まで愛おしいです❤️ツトメギワークスと出会えて良かったです!」
とおっしゃって下さり、
こうしてまた華ちゃんと1つ上のこてつちゃんとお散歩が出来るようになって本当に良かったです!

一時期は命の危険もあった華ちゃんですが、今というかけがえない時間を楽しいとおっしゃりながら共に過ごせている幸せ☺️❤️
命あるもの。時は永遠ではないからこそその時その時を楽しい時間にしてこれからも華ちゃんとこっちゃんとの時を過ごしていただけたらと思います(^-^)

愛媛県らしいみかん色の車椅子がとってもお似合いの華ちゃんでした(*^▽^*)

◆◇◆犬の車いすオーダーメイド【ツトメギワークス】のHPコチラから◆◇◆

メールはコチラから ➡ takeda.yukari@tsutomegiworks.com

※メールは24時間受付。

3日以内に返信が無い場合はお電話にてご連絡くださいませ。

迷惑メール設定によりお届けできない場合があります。

TEL/FAX:082-225-7885

(受付:10時~17時)不定休

※作業中・出張時は電話に出られないことがあります(留守電に氏名/連絡先/ご用件が残っている場合は折り返しご連絡いたします)

ご注文いただいたワンちゃんのご紹介はこちらのブログに掲載しております。


広島県で犬の車椅子をオーダーメイドにて製作しています。

 

ツトメギワクースの犬の車いすはヘルニア・変性性脊髄症(DM)・シニア犬・寝たきり・老犬介護などでのリハビリ・筋トレ・適度な運動ができペットにとっての生活の質の向上が期待でき、飼い主さんの負担軽減にもつながります。