ミニチュアダックスフンド(♂)14歳 4輪車

今年1月。
その日の朝までは元気だったのに、
突然動けなくなったグーちゃん。
慌てて病院で受診したら、
「頚椎ヘルニア」と診断。

猫と遊んでいるときの急な動きが原因だとか・・・。


前後共に四肢は力が入らず自力で立つことができなくなり、完全寝たきりの状態に。
それでも飼い主さんの献身的な介護と治療の甲斐があり首の痛みは和らぎ動かせるように(^-^)
一時期は落ちていた食欲も戻り元気になったのですが、寝たきりの状態が長くなり体のあちこちに床ずれが…。

そんなグーちゃんの為に、両肩やお腹部分の床ずれの位置に当たらないよう、そして足に力の入らないグーちゃんの
体を安定させてる為に前足もリング式に
合わせて製作いたしました。

また感情を伝える手段として唯一動かせる首をよく動かすそうなので、クッションを使う方法はズレて大変そうなので顔のせ台は頭部の高さに合わせさらに取り外し可能なもの取り付けました!
顔のせ用のオリジナルカバーも作ってみたんですが、どうやらグーちゃんはフレームに乗せるのが好きらしくお気に召さない様子…(;^ω^)。
カバーの出番はまだまだ先のようです。

その後は快調にご利用いただき床ずれもだいぶん良くなっていたそうなのですが、こんどは前足の間にできた瘤がベルトにあたり炎症を起こし始めたそうなので、色々と考えベルトの代わりに特別に瘤の位置を切り抜いたサポーター的なものを製作しました!

初めてのことだったので飼い主さんと相談しながら負担の少ない生地を使用しました!

◆◇◆犬の車いすオーダーメイド【ツトメギワークス】のHPコチラから◆◇◆

今では毎日ほぼ車椅子に乗っているそうで飼い主さんも喜んで下さって本当に良かったです!

お散歩に行くというよりは寝たきりの介護の為の今回。
犬の車椅子には状態によってさまざまな役割と効果がありますが、これからも
グーちゃんも早く床ずれが良くなって少しでもストレスのない毎日を送っていただけると嬉しいです(^-^)

◆◇◆犬の車いすオーダーメイド【ツトメギワークス】のHPコチラから◆◇◆

メールはコチラから ➡ takeda.yukari@tsutomegiworks.com

※メールは24時間受付。

3日以内に返信が無い場合はお電話にてご連絡くださいませ。

迷惑メール設定によりお届けできない場合があります。

TEL/FAX:082-225-7885

(受付:10時~17時)不定休

※作業中・出張時は電話に出られないことがあります(留守電に氏名/連絡先/ご用件が残っている場合は折り返しご連絡いたします)

ご注文いただいたワンちゃんのご紹介はこちらのブログに掲載しております。


広島県で犬の車椅子をオーダーメイドにて製作しています。

 

ツトメギワクースの犬の車いすはヘルニア・変性性脊髄症(DM)・シニア犬・寝たきり・老犬介護などでのリハビリ・筋トレ・適度な運動ができペットにとっての生活の質の向上が期待でき、飼い主さんの負担軽減にもつながります。