ワイヤーフォックステリア(♂)7歳 2輪車

今回は島根県からワイヤーフォックステリアの太郎くんがご来店!

太郎くんは去年秋くらいから突然後足に震えがで始めヘルニアを発症。

飼い主さんは大切な太郎くんにしっかりとした治療を受けさせてあげたいと山口県の動物病院まで通われて、11月には脊髄に穴を開け手術を行ったそうです。

しかし後足が回復することはなく、歩けなくなってしまったそうです。

手術後はそれ以上出来る治療もないということで、この度車椅子をお選びくださいました。

普段は、立ち上がったりは出来ず前足のみで狭い範囲を這う程度らしく、後ろ足は全く動かない状態でした。
その期間も長く、術後も動かすことのできない両後ろ足は筋肉の萎縮により関節が拘縮し曲げ伸ばしは難しくピーン!と突っ張った状態で固定されてしまっています。

こちらは採寸での来店時、タオルサポートでの歩行の様子です。

後足だけでなく腰から後ろの下半身は筋力が落ちてほっそりしていますね。

 

でも、前足は自力で動かせていてリズムも良いのでバランスの心配はありますが2輪車をご注文いただくことに!

そしてコチラが出来上がった2輪車に初めて乗っていただいた時の様子です。

 

ご注文時に少し心配だったバランスの問題もあり、最初はイマイチ太郎くんに合わなかったのですがそのまま少しお待ちいただき調整しなおし!

ほんの数センチのことなのですが調整後はこんなに上手に歩いてくれました!(^-^)

停まる時は力の入れ方がまだつかめないのか車体がバックしてしまいますが、その辺りは練習で感覚を掴んで行ければ大丈夫だと思います(^-^)

 

飼い主さんの「がんばれ!がんばれ!」の掛け声で応援されながら上り坂も上手にクリアしてくれました(^^♪

帰宅後も練習してくれたようで、

 

こんばんは😃 
今日はありがとうございました🙇 
先程帰宅して歩かせましたが上手く歩けましたので様子を見てみます😃 
何かありましたらまた、メールさせて頂きます🙇

と早速ご連絡いただき安心しました!

 

現在は腎臓も悪く飼い主さんが食事を工夫しながら数値のコントロールも続けているそうですが、まだ7歳の太郎くん!

今後も無理なく太郎くんと飼い主さんのペースで取り戻した「歩けるライフ」を楽しんでいただければ嬉しいです(^-^)

太郎くんがんばれぇ~~~(^^)/

◆◇◆犬の車いすオーダーメイド【ツトメギワークス】のHPコチラから◆◇◆

メールはコチラから ➡ takeda.yukari@tsutomegiworks.com

※メールは24時間受付。

3日以内に返信が無い場合はお電話にてご連絡くださいませ。

迷惑メール設定によりお届けできない場合があります。

TEL/FAX:082-225-7885

(受付:10時~17時)不定休

※作業中・出張時は電話に出られないことがあります(留守電に氏名/連絡先/ご用件が残っている場合は折り返しご連絡いたします)

ご注文いただいたワンちゃんのご紹介はこちらのブログに掲載しております。


広島県で犬の車椅子をオーダーメイドにて製作しています。

 

ツトメギワクースの犬の車いすはヘルニア・変性性脊髄症(DM)・シニア犬・寝たきり・老犬介護などでのリハビリ・筋トレ・適度な運動ができペットにとっての生活の質の向上が期待でき、飼い主さんの負担軽減にもつながります。