オーダメイドのため事前に必ず採寸作業が必要です。

ご注文時には、8カ所の採寸作業と4枚の写真撮影が必要です。

 

ご注文者様で採寸をしていただき数値をお知らせくださいませ。作業に不安がある方でお越しいただける場合はこちらで採寸いたします。

サイズには必ず個体差があり同一犬種であっても数値は様々です。そのためより正確に数値を把握するために写真を撮影していただき採寸データといっしょにお送りくださいませ


※上図はクリックで拡大されます。


【 採寸個所 】

以下の➀~⑧の8か所の採寸をおこなってください。(体の支え方は下記の「採寸時・撮影時のコツ」をご参照ください)

※上図はクリックで拡大されます。

ワンちゃんは体毛に覆われているので本当の骨格や関節の位置が分かりづらいです。

そのため、肩の位置などは思っていたところと違ったりします。

【図1】の骨格の画像を参考に、測り始める前にまずはワンちゃんの体を良く触わり、位置をしっかり確認できてから作業を行うことが上手く採寸するコツです!!

【図1】


※上図はクリックで拡大されます。


【 写真撮影について 】

写真を4枚撮影してください。撮影時は採寸時と同様にワンちゃんを立たせてから行い参考画像と同じアングル・同じ構図で撮影してください。撮影前にNGパターンと撮影時のコツをお読みくださいませ

下記のNGパターンに該当する場合は取り直しをお願いすることがあります。

撮影した画像はご注文時に必ずご一緒にお送りください

【さっそく撮影してみよう!】

【1枚目:真横から】

車椅子の車高・背中バーの高さを決めるに重要です。

前足の幅の中央にくるようにメジャーを構えます。メジャ^は前後左右に傾かないように地面(床)に垂直におろす。

体にくっつけてかざした状態で撮影してください。

ワンちゃんの体はねじれたり腰が落ちすぎたりせずまっすぐになるようにしてください。カメラはワンちゃんの高さに合わせ真横から撮影してください。


【2枚目:真横から】

1枚目と同様の方法です。

メジャーの位置を太腿の付け根に構えます。太腿の付け根の高さが分かるように撮影をしてください。メジャーがお腹の方やおしりの方へ行き過ぎる数値に誤差がでます。


【3枚目:真横】

1・2枚目と同様のアングルと姿勢のまま。

肩関節と後足つけ根部分を結ぶようにして地面(床)と平行にメジャーを構える。


【4枚目:真上から】

立たせたまま体の一番太い部分にメジャーを真っ直ぐにあてる。板や壁を使いからだを挟むとより正確に撮影できます。

起立姿勢が取れない・動いて上手く撮影できない場合も壁にあてて安定させると撮影しやすいです。


TEL/FAX:082-225-7885

(受付:10時~17時)不定休

※作業中・出張時は電話に出られないことがあります(留守電に氏名/連絡先/ご用件が残っている場合は折り返しご連絡いたします)

ご注文いただいたワンちゃんのご紹介はこちらのブログに掲載しております。


広島県で犬の車椅子をオーダーメイドにて製作しています。

 

ツトメギワクースの犬の車いすはヘルニア・変性性脊髄症(DM)・シニア犬・寝たきり・老犬介護などでのリハビリ・筋トレ・適度な運動ができペットにとっての生活の質の向上が期待でき、飼い主さんの負担軽減にもつながります。